ヘルメットの選び方

自転車で通学する中学生にとって、ヘルメットの準備は必須ですが、どのように選べば良いかわからないという人も多いのではないでしょうか。この記事ではヘルメットの選び方やおすすめ商品、ヘルメットの必要性についても解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

1 中学生の自転車通学にヘルメットは必須!
1-1 自転車用ヘルメットの着用努力義務とは?
1-2 中学生の自転車通学用ヘルメットは【SGマーク】付がおすすめ
1-3 中学生の自転車通学用ヘルメットはどこで買う?
2 中学生用ヘルメットの選び方
2-1 サイズの選び方
2-2 軽さ・安全性
3 中学生の自転車通学におすすめのヘルメット
4 中学生の自転車通学おすすめ商品
4-1 レインコート
4-2 通学リュック

1 中学生の自転車通学にヘルメットは必須!

1-1 自転車用ヘルメットの着用努力義務とは?

   自転車用ヘルメットの着用努力義務

道路交通法により「自転車の運転者は、乗車用ヘルメットをかぶるよう努めなければならない。」「児童又は幼児を保護する責任のある者は、児童又は幼児が自転車を運転するときは、当該児童又は幼児に乗車用ヘルメットをかぶらせるよう努めなければならない。」と定められています。
東京都の条例では「父母その他の保護者は、その保護する児童(十八歳未満の者をいう。)が、自転車を安全で適正に利用することができるよう、(中略)乗車用ヘルメットを着用させる等の必要な対策を行うよう努めなければならない。」となっています。(※参考)
自転車に乗る本人はもちろんのこと、保護者もヘルメットを着用させる努力をする義務があると明記されています。
通学時のヘルメットの着用については、学校の校則で決められている場合もありますので、必ず確認しましょう。
また、自転車用ヘルメット購入の際は自治体で補助金が出る場合もあるので、期間や申請方法など購入前に確認しておくと良いです。

 

1-2 中学生の自転車通学用ヘルメットは【SGマーク】付がおすすめ

SGマーク付ヘルメット

自転車事故で死亡した人の約7割が、頭部に致命傷を負っています。また、ヘルメットの着用状況による致死率では、着用していない場合の致死率は、着用している場合と比較すると約2.3倍も高くなっています。(※参考)
万が一交通事故に遭った場合に備え、自転車に乗る際はヘルメットを着用することを心がけましょう。
商品を選ぶ際は、安全性に関する基準に合格した生活用品につけられる「SGマーク」のついたヘルメットがおすすめです。

 

1-3 中学生の自転車通学用ヘルメットはどこで買う?

ヘルメットどこで買う

自転車用ヘルメットは、自転車用品店、スポーツ店、ホームセンターなどで取り扱っています。また、通学に必要なものなので、制服専門店での取り扱いもあります。制服の準備と合わせてヘルメットも揃えることができるので便利です。
自転車用ヘルメットは通販でも購入できるので、近くに店舗がない場合でも手に入れることができます。

自転車用ヘルメットを通販で購入

2 中学生用ヘルメットの選び方

2-1 サイズの選び方

ヘルメットのサイズの選び方

自転車用ヘルメットは自分に合ったサイズのものを選びましょう。サイズの合わないヘルメットを使用すると、安全性が保てなかったり、着用中に痛みを感じたりする原因になります。
まず、頭囲を測って頭の大きさに合うサイズを選びます。頭囲は頭の周囲の長さで、おでこの一番出ている部分と後頭部の一番出ている部分とを通るようにメジャーで測ります。

ヘルメットのサイズの選び方

アジャスターが付いているヘルメットはサイズを細かく調整できるのでおすすめです。
ヘルメットは国内メーカーのものやアジア人向けモデルを選びましょう。頭部の形状は個人差がありますが、一般的にアジア人は丸い形状が多くみられるので、海外メーカーのヘルメットだと頭部の形状に合わない場合があるので注意しましょう。
通販で購入する際は、到着後にサイズが合わない場合は交換できるかどうかを事前に確認しておくと良いです。

 

2-2 軽さ・安全性

ヘルメットの選び方

ヘルメットは300g以下の軽量なものが、首の負担が少なく疲れにくいのでおすすめです。軽さだけでなく、強度の高いものかどうかも重要です。内部に衝撃吸収ライナー(発砲スチロール)が採用されているものは軽量で強度も高いので、購入する際は確認すると良いです。一度衝撃を受けたヘルメットは性能を十分に発揮できないおそれがあるので、必ず買い替えましょう。使用開始から3年が経過したヘルメットも買い替えの目安となります。

ヘルメットの選び方

遅い時間の下校時や雨の日など悪天候時は車から自転車が見えにくくなるので、反射材がついているヘルメットなら安全性が高まります。ヘルメットの色は安全面でおすすめなのは、視認性が高い白です。

 

3 中学生の自転車通学におすすめのヘルメット

  • 国内のヘルメットメーカーOGK KABUTO(オージーケーカブト)のSG基準をクリアした通学用ヘルメット。軽量で通気性が良く、快適に着用できます。サイズ調整ができるダイヤル式のアジャスター付です。左右後部3か所に反射ステッカーが付いているので、夜間や悪天候時も安心です。
    中学生や高校生の通学はもちろんですが、レディース、メンズ問わず通勤にも使えるベーシックなデザインのヘルメットです。

  • 国内のヘルメットメーカーOGK KABUTO(オージーケーカブト)のSG基準をクリアした通学用ヘルメット。本格スポーツタイプと同様の16のエアホールで通気性の良いモデルです。左右後部3か所に反射ステッカーが付いているので、夜間や悪天候時も安心です。

 

4 中学生の自転車通学おすすめ商品

4-1 レインコート

自転車通学の場合、雨の日の傘差し運転は非常に危険なので、レインコートが必須です。脱ぎ着が楽なレインコートや足元もしっかり雨を防げるレインスーツがあります。

【おすすめレインコート・レインスーツ】

 

4-2 通学リュック

自転車通学の場合のバッグは両手があくリュックがおすすめです。荷物が多い場合は30L以上の大きいものが良いです。

【おすすめ通学リュック】

自転車通学の中学生のヘルメットの選び方やおすすめ商品を紹介しましたが、いかがでしたか?安全に通学するために、忘れずに準備しておきましょう。

※学校により着こなしのルールは異なります。
※校則を守って制服コーディネートを楽しんでくださいね!

【記事公開日】2023.12.19

おすすめの制服カテゴリ

ヘルメット一覧

レインコート一覧

 

セレクト制服・スクールアイテムのお役立ち情報

paymentお支払い方法について

あと払い(ペイディ)

 

代金引換

お支払いは現金、クレジットカード、電子マネーをご利用いただけます。
代引き手数料:330円(税込)
※代引き手数料は現在無料です。

local_shipping送料・配送について

3,000円(税込)以上の
お買い上げで送料無料

商品はご注文確認後、2営業日以内に発送いたします。
宅配便:550円(税込)
メール便:330円(税込)

replay返品・交換について

商品到着後10日以内に弊社まで連絡後、ご返送ください。返送にかかる送料は、弊社不備の場合以外お客様のご負担となります。
詳しくはご利用ガイドをご確認ください。

mailお問い合わせ

mail_outlineメールでの問い合わせ 学校指定制服に関する問い合わせ

callTEL :086-283-3270

営業時間

09:30~17:00(定休日:土日祝)

ショップ情報ショップ情報

           

カンコーショップ原宿

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6-8-4アイズビル1F
TEL:03-5778-4351
営業時間:11:00~19:00(定休日:水曜日、12/31~1/4 ※2~4月は定休日なし)

           

カンコーショップイクスピアリ

〒279-8529
千葉県浦安市舞浜1-4 イクスピアリ 2F トレイル&トラック
TEL:047-305-5776
営業時間:10:00~22:00(年中無休)

calendar_month営業カレンダー

52024
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
配送休日
62024
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
配送休日